日本円

スキル > ノウハウ・特技 > プログラミング・SEO > デジタルマーケティング > 広告運用・掲載 > YOUTUBEのはじめ1分で御社の紹介をさせて頂きます

YOUTUBEのはじめ1分で御社の紹介をさせて頂きます

YOUTUBEのはじめ1分で御社の紹介をさせて頂きます 1
  • YOUTUBEのはじめ1分で御社の紹介をさせて頂きます 1
¥500 国内発送
購入期限 :
期限切れ(リクエスト)
数量 :
あと3個

スキルの説明
自分で作ったYOUTUBEのはじめ1分で御社の紹介をさせて頂きます。1つの動画に1つの会社紹介になります。1回499円です。

YouTuber(ユーチューバー)の収入の仕組みや平均年収は?

YouTuber(ユーチューバー)の収入源は広告収入です。そして、Googleから表彰されたYoutuberの平均年収は800万円と言われています。YouTuberは子どものなりたい職業ランキングでも上位にランクインするなど、今人気の職業です。そんなYouTuberは、どのような仕組みで稼いでいるのでしょうか。気になる「1再生あたりいくらなの?」といった疑問点もすべてお答えしていくので、ぜひ参考にしてください。

1.YouTuber(ユーチューバー)の収入の仕組み

まずは、YouTuberがどうやって稼いでいるのか、その収入の仕組みを説明します。

①広告収入
YouTuberは、広告収入で稼いでいます。皆さんも経験あると思いますが、YouTubeで動画を見ようとすると、まず広告が流れます。あの広告を皆さんのようなYouTubeのユーザーが見ることで、YouTuberにお金が入ってくるのです。

仕組みは以下のようになります。
企業がYouTubeにお金を支払い自社の製品の宣伝を依頼
YouTuberは動画を投稿し、広告枠を設定する
視聴者が広告と動画を見る
動画の再生回数に応じてYouTubeはYouTuberにお金を分け与える

最近はネットが発達していますので、企業もテレビCMによる宣伝だけでなく、YouTubeでの宣伝活動も行うようになりました。企業がYouTubeに広告宣伝料を支払い、YouTubeはその広告宣伝料をYouTuberに支払うという関係が成り立っています。動画を見た視聴者に対し商品やサービスをPRすることで、間接的ではありますが、企業側も利益を得ています。トップユーチューバーが専属契約しているアドセンス(Googleが提供しているクリック報酬型の広告)からの収益は、80%がユーチューバー、20%が某事務所の取り分になります。最近の流れははやり20%が高いので皆様某事務所との契約をきる動画が多くなってきていますが、このような仕組みで、YouTuberはお金を稼いでいるのです。広告にもいくつか種類がありますので、広告の種類を説明していきます。

インストリーム広告
インストリーム広告とは、 YouTubeで動画が再生される前や再生される途中で流れるCMのことです。長さは数秒~数十秒程度あります。広告はいいから早く動画が見たいと言う場合は、スキップも可能なバージョンもあります。スキップが不可能なものもあり、それに出くわしたらCMが終わるまで待たなくてはなりません。特にスキップが不可能なものは、視聴者に強制的にCMを見せることになるので、宣伝効果は高いとされています。

オーバーレイ広告
オーバーレイ広告とは、 動画の下部によく出てくる広告です。動画にかぶさって表示されるので、邪魔だと感じている方は多いはずです。オーバーレイ広告の右上には「×」ボタンがありますので、そこをクリックすれば広告は消えます。消そうとしたら誤って広告の部分を押してしまうミスは、誰もが経験する「YouTubeあるある」です。スマホでネット検索していてもブラウザを覆うように広告が出ることがありますが、あれもオーバーレイ広告の一種です。オーバーレイ広告には多様なアニメーションが使われていて、画面上を上下に移動したり拡大縮小したりする広告もあります。オーバーレイ広告も必ず目に入るものですので、宣伝効果は高いとされています。

サイドバー広告
サイドバー広告とは、文字通り、 画面の右上部分のサイドバーに表示される広告のことです。動画そのものに掲載される広告ではないので、上で紹介した2つよりはクリックする可能性は低く宣伝効果も低いといえます。
広告の種類を3つ紹介してきました。これらの広告は表示されるか、またはクリックされると収益が発生します。つまり動画の再生回数が多いほど、収益も増えます。

②スーパーチャット
YouTuberのメインとなる収入源は広告収入ですが、次に収入源となるのはスーパーチャットです。スーパーチャットとは、 視聴者がYouTuberに直接寄付できる機能です。主に生配信の時に、視聴者がコメントにお金を乗せて投稿できます。(俗に投げ銭といわれます)YouTuberのなかには広告収入だけではやっていけない人も多いです。動画の再生回数が多くならないと収入が増えないためです。その点、スーパーチャットであれば、動画の再生回数は関係ありません。魅力ある内容の生配信を行えば、そのたびに視聴者から直接お金が貰えます。このスーパーチャットの機能を使って、月数十万程度稼いでいる強者YouTuberもいます。ただし、この売り上げは、YouTubeが手数料を30%天引きした後に振り込まれますので、ご留意ください。

③youtubeチャンネルメンバーシップ
YouTubeチャンネルメンバーシップとは、 月額490円で好きなYouTuberを支援できる機能です。ユーザーは月額料金を払うことで、バッジや絵文字といった様々な特典をチャンネルから得られます。70%がチャンネル(YouTuber)の収益になり、30%がYouTubeの収入となるとのことです。ちなみに、YouTubeチャンネルメンバーシップは、チャンネル登録者数3万人から利用することが可能です。スーパーチャットとメンバーシップを使えば、まだ知名度は高くないYouTuberでもある程度は安定した収益を上げることができるようになります。

④企業案件
YouTubeアドセンスに次いで有名な収益化の方法が、企業とのタイアップ動画(企業案件)です。企業案件の報酬は、1本あたりが150万円〜、トップクラスのYouTuberだと1本あたり300〜500万円くらい入ります。企業案件が受けられるのは、チャンネル登録者数10万人前後くらいからです。企業は影響力のあるYouTuberに商品やサービスを体験してもらい、その対価として報酬を支払います。報酬額は企業や案件、チャンネルの規模によって大きく異なります。メーカー側はゲーム実況YouTuberには新作ゲーム、美容系YouTuberならコスメなど、ジャンルに合った案件を用意します。

⑤グッズ販売
YouTuberは、オリジナルTシャツなどのグッズ販売で稼いでいる人もいます。インフルエンサーのような有名YouTuberなら、「オリジナルグッズを作った」と告知するだけで売れることもあるようです。ファンにオリジナルグッズを着用、使用してもらうことで、宣伝効果も狙えます。ただし、事務所などと組むことにより20%は持っていかれるので、個人間取引サイトで紹介して販売するなどYouTuberの人が個人で販売する形がおすすめです。

2.Youtubeを間接的に利用して稼ぐ方法もある
YouTubeの収益化システムを使う以外に、YouTubeを宣伝として使って間接的に稼ぐ方法もあります。広告収入だけで稼ごうと思ったら、かなり多くの視聴回数が必要となりますが、間接利用も併用すれば、より効率的に稼ぐことができます。ここでは、Youtubeのプラットフォーム外で稼ぐ方法として有名なものを6つ紹介します。

①アフィリエイト
動画の最後や概要欄に、自分のサイト・メルマガなどのリンクを貼り、そこで商品を紹介して報酬を得る方法もあります。たとえば、あるユーチューバーの場合、動画の最後に自身のブログの紹介を入れています。リンク先のブログでは、おすすめのプログラミング教室などが紹介されており、このようなサービスをユーザーに使ってもらうことで、アフィリエイト報酬を得られます。

②自社商品の販売
アフィリエイトやグッズ販売と似ていますが、自社商品の販売にYouTubeを利用するという方法もあります。例えばファッションメーカーなら、メーカーが直接消費者に販売(D2C)のような手法をYouTubeで行います。有名になればなるほど20%の手数料がすごい金額になってくるので、わざわざ仲介業者を使わず、YouTubeで宣伝して取引を行うため、仲介料がかからないのがメリットです。
YouTubeを活用して販売できるものは以下のような物があります。
有形:ラインスタンプ、グッズ、MORKモノ
無形:コンサルティング、動画教材、MORKスキル、個別サービス

③視聴者との交流
固定ファンがついているYouTuberなら、視聴者との交流にYouTubeを使うことで稼ぐこともできます。例えば講演会やセミナー、オフ会などのイベント、ツアーなど様々な使い方ができます。講演会やセミナーなら、だいたい1人あたり3,000〜5,000円の参加費を集められます。ノウハウが豊富なYouTuberならば、講演会だけでもかなりの金額を集められるでしょう。

④店舗集客
美容・エステ、飲食店、塾、整体など、サービス内容を説明するとお客さんに興味を持ってもらえるお店は、YouTubeと相性が良いです。例えばエステなら、施術の様子をYouTubeで公開すれば、お客さんは「どんなことをするのか不安」というハードルを払拭できます。画像や文字だけでは伝わりにくい様子も、動画ならば細部まで伝わりやすいです。「チラシを作ってみたけれど集客効果が上がらない」というお店でも、YouTubeなら動きによって細かい様子を伝えられるので、ユーザーの興味を引きつけやすいです。

⑤動画編集を受注する
YouTubeで動画編集の技術を身につけた人なら、動画編集自体を収入源にするという稼ぎ方もできます。単価は1動画あたり3,000〜5,000円くらいで、初心者YouTuberから需要があるので安定して稼ぐことが可能です。モークなどのネット上の仕事仲介サービスでも、動画編集の仕事を募集していることがあるので、副業としても取り組みやすいです。

⑥会員制ビジネス
YouTuberの中には、ファンクラブを持っている人もいます。このファンクラブを月額課金制にすれば、毎月ファンから収入を得ることが可能です。会員になると、限定日記が読めたり、プレゼントがもらえたり、一般的なファンクラブと同じような特典を受けられます。会員制ビジネスには、ファンクラブ以外にも月額課金のメルマガやオンラインサイト(YouTuber同士が集まる)もあります。

3.YouTuber(ユーチューバー)の収入はどれくらい?
YouTuberが収入を得られる仕組みについてはもうお分かりいただけたと思います。次に気になるのは、YouTuberはどれくらいの収入が得られるかということです。ここでは、YouTuberの平均年収や単価相場などを説明します。

YouTuberの平均年収は約800万円
YouTuberの 平均年収は約800万円と言われています。サラリーマンの平均年収が約430万円ですので、それと比べると2倍近く稼いでいる計算です。ただし、この800万円という数字は、動画再生回数ランキング100位の人の推定年収です。つまり、800万円稼いでいるYouTuberは上位100人のみということになります。本当なら全てのYouTuberに自分の年収を申告してもらって、平均を出したいところです。しかしYouTuberは最近でてきた職業ですので、まだそういった、きちんとした統計を取れる段階に達していません。しかも、そもそも現段階では、YouTuberが自分の収入額を公開するのは、YouTubeの規約で禁じられています。これらを考慮すると、YouTuberの年収の実情を正確に把握することは今のところ難しいです。YouTuberの収入の特徴として挙げられるのは、 安定していないことです。会社勤めなら毎月会社から決まった額の給与が支払われますが、YouTuberの場合、動画の再生回数に応じて収入が変わります。ですから、下は月収0円近くで我慢している人から、上は数百万、数千万と稼いでいる人までいて、年収に大きな幅が出ます。

YouTuberの単価相場
よく言われているのは、 1再生あたり0.1円という基準です。1再生あたり0.1円であれば、1000回再生されれば100円、10万回再生されれば10,000円です。ただ、本当に1再生あたり0.1円であるかは確定的なことは言えません。動画の長さや再生回数に応じた報酬額を公開することも、YouTubeの規約違反とされているのです。0.5円だったり、0.02円だったりと様々な意見があります。さらに、この報酬額は常に一定というわけではなく、時期や季節によって変動します。単価自体は1円に満たないとても小さな金額ですが、動画の再生回数が何万回にもなると、単価の大小が報酬の差にかなり影響を与えてきます。

4.YouTubeで再生回数を稼ぎやすいジャンルはどれ?
YouTubeといっても、投稿されている動画のジャンルは様々です。
ここでは、多くの視聴者の目を惹く「再生回数の多いジャンル」を3つ紹介していきます。

企画・ネタ系
何か面白いことを企画して、その様子を投稿する動画ジャンルです。YouTuberで多くの方がイメージを抱くのは、このジャンルではないでしょうか?面白いことをやる系には企画力や発想力が必要ですが、ひとたび人気の動画を作れば、口コミで一気に動画再生数を増やすことができます。

ゲーム実況
ゲーム実況とは、 ゲームをプレイする様子を実況する動画です。ゲームが好きな人にとっては、趣味がそのまま仕事になるジャンルなので、参入するゲーマーも多いです。ゲームは子供から大人まで人気が高く、周りのゲーマーから一目置かれる動画やおもしろい実況動画を作ることができれば、多くの再生回数を稼げます。また、ゲーム実況は長時間の動画になりやすいため、広告をたくさんつけやすいメリットもあります。

ペット系
ペット系の動画も、子供から大人まで幅広い層に見られるので、再生回数を稼ぎやすいジャンルの一つです。ユーチューバーの中には、編集を入れず、ペットの様子をそのまま流している人もいます。動画作成に大掛かりな準備をする必要がないため、気軽に動画を公開できる点が人気のジャンルです。

まとめ
YouTuberの収入源は、広告収入です。またYouTuberの平均年収は、約800万円です。自分の投稿する動画に、広告を掲載し、宣伝料をYouTubeから得ています。報酬は動画の再生回数に応じて金額が変わるので、再生回数の多い動画を投稿すれば、それだけの金額が稼げます。また、スーパーチャットやYouTubeチャンネルメンバーシップによって、安定した収入を得ることも可能となっています。

スキル詳細

ダウンロード・配達方法

※配送方法が複数ある場合はカート内にて変更ができます。
※配送会社の状況等によって、商品到着日が遅れる場合がございます。あらかじめご了承ください。

配送方法 送料 追跡 配送目安
無料(上げたYoutubeのアドレスを送ります。)¥0なし3日~3日

 

 

参加