MORKマーケット
モークで売る   新規登録   ログイン  
0
日本円

スキル > ノウハウ・特技 > プログラミング・SEO > SEO・アクセスアップ > 集客・SNSマーケティング > LPO(ランディングページ最適化)

LPO(ランディングページ最適化)

LPO(ランディングページ最適化) 1
  • LPO(ランディングページ最適化) 1
¥8000 国内発送
購入期限 :
2019/12/31(あと43日)
数量 :
あと10個

スキルの説明
LPO(Landing Page Optimization)とは、「ランディングページの最適化」という意味です。この「最適化」とは、ランディングページに訪れたユーザーが商品の購入や資料請求など、コンバージョンをする割合(コンバージョン率)を高めるために、ランディングページを改善することを指します。

ユーザーがランディングページを訪れて一番最初に目にする「ファーストビュー」のキャッチコピーや画像、コンテンツの構成の変更など、LPOを行うポイントは複数あります。どこをどのように改善していけばいいのか、現状の課題に合った対策をしていくことが必要です。

スキル詳細

①ユーザーの検索意図とページの内容がずれている
ユーザーは、どんなキーワードで検索してあなたのランディングページを訪れているでしょうか。アクセス数の多い検索キーワードを確認してみてください。

検索キーワードには、ユーザーが何を知りたいのかという意図が表れています。もし、検索キーワードとランディングページの内容がずれていたら、ユーザーはあなたのランディングページを見て「あれ?私が探していたページと違うな」と判断して離脱している可能性が高いです。

その場合は、ランディングページに検索キーワードの要素を盛り込みましょう。

②ターゲット像の設定を間違っている
ランディングページを作成する時に、どんなターゲット像を思い浮かべていましたか?コンバージョン率が低い場合、もしかしたら最初に設定していたターゲット像が間違っているかもしれません。もう一度、ターゲットのリサーチをしてみましょう。

リサーチ方法として一番確実なのは、実際に自社の商品を購入しているユーザーに、なぜこの商品を利用しているのかを質問するという方法です。質問するのが難しい場合は、大手ECサイトの競合商品のレビューを見たり、Yahoo!知恵袋などの質問サイトを見たりする方法があります。

質問サイトの悩み相談を見ると、どのような場面でユーザーが悩みを感じているのかをより具体的に知ることができます。また、競合商品のレビューを見ることで、他社の商品でユーザーが解決できたこと、または解決できなかったことは何かを知ることができます。こういった情報は、キャッチコピーにほとんどそのまま反映できることもあります。

③購入ボタンの前に離脱が起こっている
購入ボタンのある箇所に到達する前に、ユーザーが読むことを諦めてしまい、離脱してしまっているという可能性も考えられます。

このような場合は、ヒートマップツールを使用することで、ユーザーがページのどこで離脱しているかが分かります。この場合は、離脱が起こっている箇所を読んでもらえるよう、キャッチコピーや見出しのコピーの書き方を工夫するか、購入ボタンの位置を、離脱が起こっている箇所よりも上に設置してみましょう。

ちなみに、ヒートマップツールには、PTエンジンやミエルカといったツールがありますので、使用してみてください。

④キャッチコピーの要素が弱い
ランディングページを読んでもらえない原因はキャッチコピーにあります。

売れるキャッチコピーには、効果・期間・やり方・価格・実績・権威性・限定性・専門性・好奇心・具体性の10個の要素が含まれています。あなたのランディングページには、この10個の要素はどれだけ入っていますか?

1つや2つしか入っていない!という方は、以下の記事を参考にして、ぜひ10個の要素の入ったキャッチコピーを作ってみてください。

ダウンロード・配達方法

※配送方法が複数ある場合はカート内にて変更ができます。
※配送会社の状況等によって、商品到着日が遅れる場合がございます。あらかじめご了承ください。

配送方法 送料 追跡 配送目安
無料(クラウド)¥0なし日~日

 

 

参加